才能の墓場

今日も一日がんばりましょう

左手デバイスの設定

どうもこんにちは、お久しぶりのジッターです

 

 

「プロクリエイト君さえいれば絵なんてチョチョイのパーやで!」

 

ろくに絵も描いていないくせにこの青臭い青年はそんなことを頭の中で豪語しながら結構無駄な日々を過ごしていました。

 

しかし、青年はあるときふと思ったのです。

 

 スタジオのような個室で、

 どこか近未来なガジェットや機材に囲まれて、

 巨大なモニターで作業する、

 

 最高

 

 

 というのがやはり漢の夢なわけでして

 

 確かにプロクリ君だけで作業するのもほぼ問題ないのですが

あの子図形とか描けないっぽいんですよね…ポインポイン

図形の描きかたとかないのかな…?

 

なので今の作業環境はラフ・線画までをプロクリ君、

その後の着色をクリップスタジオことクリスタちゃんで行うといった感じ進めて行こうかと模索中です。

 

で、クリスタちゃんを近未来なガジェット左手デバイスで弄繰り回したいな

と思いました。

 

使用デバイスはこちら

 

f:id:jitterkun:20170821160520j:plain

 

 ゲーミング用デバイスをいろいろ販売してるRazer社のTARTARUSという左手専用デバイスです。

 本来の用途はやっぱりゲーム用なのですが、見た目以上にアサインできるボタンの数が多く、本気になればキーボードのボタンはほとんど網羅できるものと思われます。

 

で、

f:id:jitterkun:20170821231041j:plain

こんな感じでアサインしました。

 

一段目(画像では右端の列)レイヤーの選択、やり直し、取り消し

二段目(画像では真ん中の列)キャンバス90度左右回転、5度回転、上下反転

三段目(画像では左端の列)各ツール選択

 

 クリスタのツールは大まかに20種類あるので各ボタンに4種類ずつ振り分けてボタンを押すたびに次のツールに変わるようにしました。

 他にサブツールの選択やなんかその他もろもろはスティック側のボタンをAltやShiftにしてアサイン。

 これで頻繁に使う操作を大体まとめることができたのであとは慣れるまでひたすら操作ですね。シールをつけてますが無意識に操作できるようになったらはがす予定です。

 

 クリスタ以外ではDAWなんかにも使えるのでDTMにもおすすめかと思います。

 

 ここまでで約800字、脳筋の私にしてはがんばったほうだと思うので絵は今日はいいよね、うん

 

 今日はここまで