ジッターメモ

Procreateの使い方 vol.004 レイヤー基本操作

f:id:jitterkun:20180818191252j:plain

今回はペイントソフトにはもはや必要不可欠なレイヤーについてご紹介いたします。

レイヤーの基本操作

f:id:jitterkun:20180818185036j:plain

レイヤー管理画面の見方です。

f:id:jitterkun:20180606020125j:plainをタップすると表示されます。

新規レイヤー作成

f:id:jitterkun:20180818175817j:plain

管理画面右上の+ボタンを押すと新規レイヤーを作成することができます。

tips:背景色レイヤー

背景色はレイヤーの一番下に固定されます。

非表示の他、カラーサークルで色を変えることができますが、このレイヤーに直接描きこむことはできません

レイヤー表示・非表示

f:id:jitterkun:20180818164115j:plain

各レイヤーの右端に位置するチェックマークはレイヤー表示のON・OFFができます。

Nマークは乗算や覆い焼きといったレイヤーの合成モード設定・不透明度の調整が可能です。

合成効果によって文字が変わります(M=乗算、S=スクリーン等)

レイヤーの並び替え

f:id:jitterkun:20180818171408j:plain

レイヤーをロングタップしてドラッグすることで並び替えができます。

後述するレイヤーの複数選択を行えば一括で並び替えが可能です。

レイヤーの削除・複製・ロック

f:id:jitterkun:20180818171433j:plain

レイヤーを左へスワイプすることで削除・複製・ロックの操作ができます。

  • 削去:レイヤーの削除
  • 複製:同じレイヤーを下に複製
  • ロック:施錠マークが付き、ロックされている間はレイヤーへの描画ができなくなる

レイヤーの複数選択

f:id:jitterkun:20180818171557j:plain

レイヤーを右スワイプすることでレイヤーの複数選択が可能になります。

選択されたレイヤーは暗めの青色で確認できます。

これらの選択されたレイヤーはまとめて一括並び替え、左上の−マークで一括削除、右上のマークでグループ化させてまとめることができます。

tips:グループについて

f:id:jitterkun:20180818181150j:plain

レイヤーはグループ化させることで複数のレイヤーをまとめて管理することができます。

グループは一括非表示したりグループをひとつのレイヤーに結合させることが可能。

グループからはずしたい場合はグループを開いて並び替え操作でグループの外へドラッグでOK。

レイヤー編集、操作

f:id:jitterkun:20180818184607j:plain

選択したレイヤーをタップすると画像のような項目が表示されます。

  • 名称変更:レイヤー名の変更
  • 選択:選択中のレイヤーを選択範囲に指定 
  • コピー:選択中のレイヤーをコピー
  • レイヤーを塗りつぶす:現在選んでいるカラーに塗りつぶす
  • 消去:選択中のレイヤーを白紙に戻す
  • Aphaロック:ピクセルロックをかける(後述)
  • マスク:マスクレイヤーを作成(後述)
  • 反転:描いたレイヤーの色を反転
  • 基準:基準レイヤーとして指定(後述)
  • 下へ結合:下のレイヤーと結合
  • すぐ下と組み合わせる:下のレイヤーとグループ化

Alphaロック

f:id:jitterkun:20180818183151j:plain

いわゆる透明ピクセルロックと同じ透明部分への描き込みをさせない機能です。

ロックする前に描きこんだ部分の透明度が保持され、いくら描き込んでもそれ以上の不透明度にはならず、ロックされている間は透明な部分は全く塗れなくなります。

Alphaロックが適用されているレイヤーは画像のように背景が市松模様で表示されます。

マスク

f:id:jitterkun:20180818183415j:plain

レイヤーの上にマスクが作成され、マスクで塗った部分は透明になります。

 

f:id:jitterkun:20180818183740j:plain
f:id:jitterkun:20180818183754j:plain

マスクをOFFにすると透明になった部分が再度表示されます。

マスクレイヤーは塗りつぶしの他、消去とマスクの反転ができます。

基準

f:id:jitterkun:20180818184307j:plain

選択中のレイヤーを選択範囲の基準として設定できます。

基準レイヤーは塗りつぶしの際の範囲基準になったり自動範囲選択での基準になります。

 

以上でレイヤー操作の説明は終了です。

次号

jitterkun.hatenablog.com