ジッターメモ

iPadPro+ApplePencil+Kindleの組み合わせが最強すぎる

f:id:jitterkun:20180523180516j:plain

ミニマルイラストレータ

どうもこんにちは、ジッターです。

イラストレーターからミニマルイラストレータに大進化しました!

う~んわけが分からないですね。

アレですよ、大型でコストがかかっていたロボットがより小型化・低価格・性能はそのままもしくはより上がったサイズもお手頃な便利ロボットに早変わりといいますか…

用途がメタルギアRAY量産機から月光に変わった感じです、わかりづらい?

…で、ミニマルってなんぞや?ということなんですけど、

必要最低限の機材で家内・出先どこでもデジ絵を描いてます

って言う意味で付けてます。

その組み合わせというのが記事のタイトルにもあるようにiPad ProとApple PencilとKindleというわけです。

わざわざミニマルって付けた理由ですか…?

肩書きが欲しかったので…ほら、ニッチな単語つけておけば検索されやすいというか…

何故PCじゃないのか?

よく知人から「PCで描かないんで?」と言われることがあるんですが実は私、PCとペンタブで描いていた時期があって上手く画面と手元を切り離すことができなかったのです。

理由は単純で、昔から紙に鉛筆で描いていたから。

中学生の頃になけなしの小遣いで買ったイラスト教本を見よう見まねで描いた萌え画をクラスメイトがちらりと見て「上手くね?」と言われてからは毎日ノートに絵を描くようになりました(チョロすぎ)

もうその頃から手先ペン先を見て描くのが当たり前のようになっていたのでどうしてもペンタブに乗り換えることが出来なかったのですね。

それなら液タブ買えばいいという考えにも至りましたが同時に作曲もやろうとしていた身としては高額だし、でかいと邪魔になるだろうともやもやしながら断念。

欲張りなので作曲もイラストもやりたい、でも作業スペースは確保したい…

 

そんな消去法で去年の春に購入したのがiPadProとApple Pencilでした。

iPadProを選んだ理由

当時はMicrosoftのSufaceProとどっちを買うか悩みましたがApple持ってる所有感が欲しかったのとApple Pencilがとても描きやすいらしいということで購入。

Apple PencilについてですがiPad同様こちらもアップル社純正品のデバイスでペンシルというくらいですから勿論絵描きにも対応しているわけでして、ほんとにもうとっっても描きやすい!

線の引きやすさといったらもう他のペンには乗り換えられない魅力があります。

下手するとペイントソフト側の手ブレ補正もいらないくらいです。

SurfaceProも同じく専用スタイラスペンを使って絵が描けるのですが

  • Apple Pencilがスタイラスペンの中で遅延がもっともすくない
  • ついでに手ブレも少ない
  • 大型のiPadProなら約13インチの大型画面を使える
  • DAW StudioOneの遠隔操作が出来る
  • お値段

などの理由から苦渋の選択でiPadProにしました。

両者比較参考記事

iPad Pro 10.5とSurface Proを比較 人気プロ絵師によるお絵描きレビュー

iPadpro VS Surfacepro 絵描きが考える両者 - Nomad Life

調べてみるとSurfaceProの方も本体もペンも新しくなってから性能が上がっているようです。

Apple Pencilに引けを取らないレベルのようで上記の利点は今ではせいぜい画面サイズとお値段くらいでしょうか。

ちなみにわたしの選んだiPadProは12.9インチの一番安いタイプです(10万円くらいでした)

DAWの遠隔操作に関しては作曲のお話になりますので割愛(でもよだれ出るくらいめっちゃ便利)

流石にペンの感性や描画の自然さ(リアルさ?)は未だApple Pencilが陣取っていますがイラストのお仕事で使う分にはSurfaceProも十分な性能のように思います。

あー、私も欲しくなってきましたSurfacePro。

良質なアプリ群

じゃあiPadProで使えるペイントアプリ・ソフトはどうなのよさ、という話になってきますが今のところ無問題。

PCと比べてフォトショップが使えないなどのデメリットがありますが、正直PCのペイントソフトとそう大差ない性能を発揮してくれるアプリも数多くあります。

お勧めなアプリ毎にサクッとまとめてみました。

Procreate

f:id:jitterkun:20180522134535j:plain

プロクリのUI、タッチ操作前提のやたら見やすいキャンバス画面

私がメインで使っているペイントアプリProcreateです。

このブログでも解説記事を超鈍速度で執筆中です。

さて、いかがですかこの十分な描写スペースを確保できる開放感っ。

表示ツールがまったくないので広々とキャンバスを広げることができます。

タブらしきタブが全くありませんがこの画面内でカラーセレクトからレイヤー操作、ブラー・ピンぼけ効果まで完備してます。

有料アプリ1,200円とは思えないほどの実力を発揮してくれる現行最高のアプリです。

CLIP STUDIO PAINT

f:id:jitterkun:20180522134842j:plain

iPad版クリスタのUI、タッチしづらいが外付けキーボードを取り付ければタッチ操作の必要ナッシング

つい最近リリースされたばかりのあのPC用ソフトCLIP STUDIO PAINTiPad版です。

PCの機能をそのまま移植しちゃいましたというとんでもないアプリ。

ただそのせいか、動作が若干もっさりしてます…

多機能ゆえの漫画・イラスト制作での現スタンダードの一つですし、しょうがないと言えばしょうがないのかな?

タッチ操作はできますがUIがそのままなのでできれば直感で動かしやすいインターフェースに改装して欲しいものです。

それともキーボード操作が前提なのでしょうかね?

 

他のアプリがぬるぬる快適過ぎなので持て余し気味、今後のアップデートに期待です。

PC同様ベクターレイヤーもそのまんま使えちゃうので線画を描くときはお世話になるかもしれません。

月額制で使用可能です。

Medibang Paint

f:id:jitterkun:20180522135017j:plain

メディバンのUI、非常にクリスタに似ているがタッチ操作はこっちの方がしやすい

上記のCLIP STUDIO PAINT無料化させてしまったかのような機能を誇る名アプリ。

他のブログやサイトでの解説記事が多いように思います。

勿論使い込んでみると上記のベクターレイヤー等、クリスタと比べて痒いところに手が届かない場面がそれなりにある模様。

動作はクリスタよりも軽めなのでプロクリとメディバンを併用して使うのが現在私のスタイルです。

結論、高性能!

3つ上げただけでもなかなか使えるアプリが満載。

他にもアプリは山ほどあるのですがアプリ説明記事になってしまうのでここまで。

以上でiPadProで使える主要なペイントアプリのざっくり説明を終了します。

絵描きながらKindleでイラスト教本読んじゃえ~

f:id:jitterkun:20180522140904j:plain

iPadKindleの画面、表紙以外は本を開いたときのように左右2ページ分見る事ができます

さて、このiPadApple Pencilがあれば絵が描けるしペイントアプリも充実!

更にこれにKindleを追加するとなるともうもうもう!

これはもう立派な持ち運び可能なペイントPCですよ!!

(意味不明)

茶店、家の中、カラオケボックス、あの子のスカートの中~♪

どこでも絵を描けてKindleで著名イラストレーターの制作も見ながら描けるので絵の技術もめきめき上達。

約13インチというKindle専用タブレットもいらないくらいの大画面で電子書籍が読みやすい。

イラスト講座の本はかなりサイズが大きいのでかさばりやすいですし置き場所にも困りもの。

これを全部Kindleでまとめておけば好きなときに必要な制作資料やテクニックをさっと読み返すことができるのでほんと便利です。

もうこれでiPadとApplePencilがあれば大丈夫っ!

あとはスマホ~財布かばーんに~つーめーこーんーで~♪

…失礼、歌いすぎました。

とにかくそれくらい身軽な状態でどこでもデジ絵を描けます。

 

ただ、このような講座本の電子書籍版は紙媒体よりも若干高額のようです。

自己投資と思えば微々たる金額差ですが、けっして安くはないジャンルの本なので試し読みしたりレビューなどを参考に検討した方がいいと思います。

デメリット

ここまででベタ褒め状態ですが難点はやはりアプリ使用時の電池消費量が多いことと排熱量でしょう。

特にプロクリなんかは電池消費が早い上に長時間使ってるともうかなりの熱量になるので家で描くときはいつもUSB電源で動く扇風機を使ってます。

さらにKindleも併用となると割とあっという間に電池がなくなるのでおかげで充電できない出先では必然的に描くスピードが速くなりました

充電がなくなるまでになんとか描き上げたい焦燥感が生んだ偶然の産物といいますか。

最初は気分転換として外で絵を描いていましたがこのやたら電池消費の激しいデメリットのおかげでかなり作業効率がアップしてます。

最近は制限時間を強制的に設けるという意味合いでわざと充電しないで描いてるくらいなのでもはやデメリットとは感じなくなりました。

結局排熱以外ベタ褒めでしたね…

ApplePencilの使用時間

充電が最大だと長時間描き続けていてもだいたい早くて2~3日は持ちます。

充電残量低下の通知がきたらiPadの充電端子に差してしばし読書などして待機。

約1~2時間くらいで充電が最大になりました。

ただ、充電を全部使い切ると6時間とやたら充電に時間がかかったときがありました。

Apple Pencilはなるべく電池がなくなる前に充電したほうが良さそうです。

おまとめ

以上で今回の記事は終了です。

iPadのみでの創作活動を実践しているクリエイターは数多くいらっしゃると思いますが、特に後述したKindleとのデュアルテクニックペイントプレイ(命名)は紹介せずにはいられませんでした。

本をどっさり抱えて図書館へ向かう必要もなくなり、だいぶ快適に作業できています。

場所にとらわれないお絵描き、ぜひ貴公も実践してみてはっ!? 

今回はここまで

読破おつかれさまでした

どーでも一言

今日からJKのパンツになり――――ここで文章は途切れている