ジッターメモ

ジッターメモ

Procreateの使い方 ブラシ詳細『ダイナミクス』

 ブラシパラメータの詳細記事です。

 

パラメータの限度まで載せており、何%~何%まで可能、もしくはスイッチのON/OFFが主な設定方法です。

 

 

f:id:jitterkun:20180706021738j:plain ダイナミクス

通常、グレーズ、ウェットミックスの三種類のモードでブラシの質感を変えることができる他、筆の速度によるサイズ・不透明度の変化を加えることができます。

 

ブラシのレンダリング(通常)

f:id:jitterkun:20180706030138j:plain

通常選択時の表示、特に調整可能なパラメータはありません。

 

 

ブラシのレンダリング(グレーズ)

f:id:jitterkun:20180706030115j:plain

グレーズ選択時に表示されるパラメータ。

グレイン素材が半透明になり、水彩のような淡く薄い質感になります。

水彩筆、書道筆をご所望の際にどうぞ。

 

 

重ねる:ON/OFF

 半透明になったグレーズブラシをいくつも重ねる機能。

 フロー100%だと透明感のない通常に近い筆になります。

 

 

フロー:0~100%

 筆に透明感を加えます。

 不透明度調整と同じ感覚でOK。

 数値が低すぎるといくら描いても色がまったく乗らなくなるので注意。 

 

 

ブラシのレンダリング(ウェットミックス)

f:id:jitterkun:20180706030226j:plain

 「ウェットミックス選択時に表示されるパラメータ。

 Procreateのアップデートで追加された新しい質感のモードで描いた色を混ぜ合わせる油彩のような筆に仕上がります。

 

 

希釈度:0~100%

 描画でいうところの水気の多さに該当するパラメータ。

 数値が高いほど周りの色と混ざりやすくなり、色が薄くなりやすいです。

 

 

充電する:0~100%

 描画でいうところの絵の具の量に該当するパラメータ。

 色の乗りやすさを調整できますが、数値をいくら低くしても色は出ます。

 

 

描き始めの筆圧:0~100%

 描き始めの筆圧を強くすることができます。

 長い線を描くと途中から色がなくなっていくリアルな質感を作ることができます。

 

 

カラープル:0~100%

 周りの色との混ざり具合を調整。

 数値が高いほどストロークと周りの色が混ざりやすくなります。

 

 

Grade:-100~+100%

 筆の滑らかさを調整。

数値が低いほどかすれ気味、高いほど滑らかになります。

 

 

 

不透明度ダイナミクスサイズダイナミクスは上記三種類の各モード項目下に常時表示されているのでまとめて説明します。

 

不透明度ダイナミクス

f:id:jitterkun:20180706030323j:plain

 

 

速度:-100~+100%

 筆の速度によって不透明度が変化します。

 +は速度が遅くなると不透明度が増加、早くなると薄くなります。

 -は速度が速くなると不透明度が増加、遅くなると薄くなります。

 

 

ジッター:0~100%

 筆の速度によって線に乱れが生じる。

 速度が速いほどストロークが乱れ、線がもこもこしてきます。

 

 

サイズダイナミクス

f:id:jitterkun:20180706030351j:plain

 

速度:-100~+100%

 線を引く速度によってブラシサイズが変化

 +は速度が遅くなるとブラシが太くなり、速くなると細くなります。

 -は速度が速くなるとブラシが太くなり、遅くなると細くなります。

 

 

ジッター:0~100%

 筆の速度によって線に乱れが生じる。

 速度が速いほどストロークが乱れ、線がもこもこしてきます。