ジッターメモ

Procreateの使い方 ブラシ詳細『Pencil』

こちらはProcreateの使い方vol.003の項目別パラメータ説明記事になります。

設定パラメータの見方

各項目ごとにパラメータの限度を載せています。

  • 可変何%~何%
  • スイッチON/OFF

が主な設定方法です。

Pencil

主にApplePencilの挙動についての設定ができます。

ブラシの設定なのでここを弄ったからといってApplePencilそのものの挙動がおかしくなることはありませんのでご安心を。

他、ApplePencilの筆圧やチルト(ペンの傾き具合)によるブラシ変化を設定できます。

ApplePencilの筆圧

f:id:jitterkun:20180706012340j:plain

不透明度:-100~+100%

筆圧による不透明度変化の調整ができます。

+になると筆圧が強いほど不透明になります。

-になると筆圧が弱いほど不透明になります。

滲み:0~100%

f:id:jitterkun:20180706014944j:plain

滲みと書いてますが、ブラシのアンチエイリアスを調整する機能という感じです。

数値が高いほどブラシの不透明度が高くなり、ジャギーが目立つ荒いタッチになります。

サイズ:-100~+100%

筆圧によるサイズ変化の調整ができます。

+になると筆圧が強いほどブラシサイズが太くなります。

-になると筆圧が弱いほどブラシサイズが太くなります。

ソフトネス:0~100%

筆圧の掛かり具合を緩やかにするパラメータ。

サイズや不透明度が滑らかに変化するようになります。

ApplePenncilのチルト(傾き)

f:id:jitterkun:20180706015719j:plain

アングル:0~90°

どのくらいの傾きでブラシに変化を付けるかを設定できます。

45°設定なら、ペンが45°より傾いたときにブラシが変化します。

不透明度:0~100%

傾きによるブラシ変化が起こったときの不透明度の調整ができます。

数値が高いほど傾けたときに不透明度が薄くなります。

グラデーション:0~100%

傾きによるブラシ変化が起こったときにペン先に沿って不透明度グラデーションが掛かります。

滲み:0~100%

傾きによるブラシ変化が起こったときにApplepencilの筆圧の効果と同じアンチエイリアス補正がかかります。

数値が高いほど傾けたときに滲みます。

サイズ:0~100%

傾きによるブラシ変化が起こったときのブラシサイズの調整ができます。

元のブラシサイズより小さくさせる調整はできません。

サイズ圧縮:ON/OFF

f:id:jitterkun:20180706021414j:plain

ブラシで急なカーブを描いたときにブラシサイズが一時的に小さくなる効果。

簡単に言うと鉛筆のような描き心地にすることができます。

各項目一覧に戻る