ジッターメモ

北海道COMITIA09 実レポ

f:id:jitterkun:20181204194656j:plain

どうもこんにちは、ジッターです。

北海道コミティア09が無事終了したので実レポ記事を記しておきます。

駅から会場に到着

兄の家へ前日泊まりし、札幌駅から友達と歩きながら中島公園付近へ。

会場のホテルライフォート札幌では既にサークル参加者が列になって待機していました。

実は郵送ができた

ここでジッターのミスその1

実は自宅から会場へ頒布物(出し物のこと)の郵送ができたのをすっかり忘れておりました。

今回刷った同人誌は30部、トランクがあれば持ち運べる程度の重さでしたが紙が折れたりしないかひやひやしながら歩いていました。

郵送で送られた出し物は会場の入り口隅で受け取りができるようで楽そうだな~と思いつつ受け取るものもないのでそれならと一足先に会場へ。

設営準備

早速会場に潜入。

長いテーブルがいくつも並べられており、青いテーブルクロスが掛けられて…

おや?これ布持参する必要がないのでは?

てっきりテーブルがそのまま陳列されているだけと思っていたので滑りにくい布切れを持参したのですが…どうやら必要なかったようです。

ちなみに【あの布】は購入する予算がありませんでした。

そのままブース設営

布を出す必要がなくなったので頒布物と見本を立てかける100均スタンド、名刺とiPadを置いてお品書きも書いてぱぱっと設営完了!

ブース写真撮ってない…

ここでジッターのミスその2

ブース写真撮るのを忘れ、ついでに設営・開場諸々のツイートも忘れる。

なんで撮らなかったんでしょうね~不思議~!

隣のサークルさん達は普通にパシャパシャしてたのにどうして、why...

そしていざ写真撮らねば!とようやく思い始めた矢先、一般参加者の入場が始まってしまい、写真のことは一旦後回しにして~などと考えてたらそのあとすっぽり忘れてしまいました。

なんで友達に頼まなかったんでしょうね~おかしぃな~??

ちなみにその頃、友達にはブース設営の手伝いと見本誌の提出をしてもらっていました。

一般参加者入場

そして始まった北ティア09!

始まって数分後には会場中に人が…!

ブースの場所にもよるかもしれませんが、会場は一般・サークル共に女性の参加者が多い印象を受けました。

コミケと違ってそこら中にエロ本置いてあるような環境ではなかったからかもしれませんね。

そして当サークルはといえば…

チラ見してくれる人が割といる!と思いました。

自意識過剰ですねぇ。

男女関係なく結構通りすがりにちらっちらっと殲滅ちゃんを見てくれていたように感じたのでこれは割りと好感触では…!?と思いつつそのまま40分くらい時間が経過しました…

ついに一人の少年が本を手に取って…!

それから数分、遠くのサークルでは既にいくつか出し物が売れているようで、やっぱりこんなもんだよな~とちょっぴりしょんぼりしてきた頃…

冊子を見ていた中学生くらい?の男の子が近寄ってきて「見てもいいですか?」と一言…

「どうぞ~」となんとか平常を保ちながら見本を差し出す私。

内心どきどきしながら彼を凝視していたかもしれません(どんな挙動をとっていたのか記憶にない)

そして彼はまた一言言いました…

「一部ください」

オ"オ"ッ…(”ω”)

おお神よ、今私は夢でも見ているのだろうか…(”ω”)

会場照明のせいかもしれませんがそのときの彼にまばゆい後光が差していました。

冊子を見る前に目が合ったので彼は内心(見なきゃ失礼かも…)と思ったのかもしれませんが、私はあまりそういうのは気にしません。

見てくれるだけでもいいし、買いたいと思ったら買うでいいんです。

でも、手に取っていただいて本当にありがとうございました!!

本の中身を見てから買ってくれたので気に入ってくれたんだな~と思います!

売り子交代して会場巡りへ、足が痛くて自ブースに戻る

その後、うれしいことに他の人からまたもう一部手に取っていただきました!

そして時間は正午を過ぎた頃…そろそろ売り子を友達に代わってもらい、私も会場の雰囲気に飲み込まれることに。

といってもお金を会計用キャッシュケースに入れっぱなしだったのでとりだすのも尺だし見本誌コーナーを節操なく貪り尽くそうとしていたわけですが、脚の疲労もあってかなかなか作品の内容が頭に入って来ず、早々に自分のブースへ戻ることに。

そして戻るなり交代すると友達が「二冊売れたわ~」などと供述しており…

なんでやねんとまったくひねりのないツッコミを3回くらい心の中でつぶやいておきました、3点バーストってやつですね。

後で聞いた話によると二人のうち一人は女性だったとのこと。

殲滅ちゃんしか描いてないし見開きに水着だったので男性しかウケないだろうなと思っていたので意外でした。

ちょこちょこ売れるイラスト本

イベント時間も後半に差し掛かり始めた頃、手持ち無沙汰だったのでiPadで絵を描いているとなぜか手にとって見てくれる方が増えてきました。

大抵「見てもいいですか?」と訊いてくれる方がほとんどなのですが、断りもせずいきなり見本用ではない方(実際に渡す方)を見ようとする方もいて少し戸惑いました。

こっちは下を向いて絵を描いているのでいきなり出し物を取られるとびっくりしてしまいます。

スケブ描いたら買うよ…?何故…?

私の説明も悪かったように思います。

気さくそうで趣味も合いそうな方が来てくれたのですが、「スケブ描いてくれませんか?それなら買います」みたいなニュアンスで言われてしまいまして…

簡単なのなら…と言っても「簡単なのじゃなくてもいいんですよっ!?」とだいぶ押しの強い人でした。

そしてはっきりと「スケブ描いたら買いますよ!」と仰ったのでいろいろ説明(この辺りが口下手で多分意味が伝わってない)した後、お断りさせていただきました。

他の人達はスケブを貰わずに買ってくれているので貴方だけスケブ描きますよなんてことにはならないと私は考えています。

もしかすると、この方はもっとちゃんとお願いしたかったのかもしれません。

周りにはスケブ描きながら売り子している方もいらっしゃったのでスケブOKなんだ~みたいなノリに流されただけだったのかもしれません。

もちろん「スケブ描きますよ!」と私自身が公言したときにはじゃんじゃん依頼してくれてかまいません!

私がやりたいって言ってスケブしているので、気兼ねなくどうぞ。

ですが、さすがにスケブ描いてくれたら買いますっていうのは言葉の意味を少し考えて欲しかったです…

多分、この言葉聞いたらほとんどの絵描きは苦笑いして思いますよ。

「なら買ってくれなくていいよ」って

売り上げ10部

その後は人もまばらになり、早めに切り上げて友達と一緒にカラオケして帰りました。

部数はなんだかんだで予想の3~5部を大きく上回り、10部も売れ、名刺も同じくらいの枚数を手に取っていただきました!

もう言うことなしです!

時間も予定も何もかもが満足のいく結果となりました!

後日、買っていただいた方々からツイートをいただいております。

ええ、しっかりエゴサさせていただきました…ありがたや~

郵送物販も設営予定

郵送で本を買いたいという方もいたのでBOOTHか製本直送で「Nemesis」の物販をはじめようと思います。

ただ刷っている部数が少量かつ16日のおびコミでも頒布する予定なので在庫は5部ほどとさせていただきます(少ねぇ)

まったくここら辺の融通が分かっていないので詳しい方がいると助かるのですが…まずは自分でやれるだけやってみますかね。

おわりに

というわけで無事北海道COMITIA09を終えることが出来ました!

クラウドファンディングでご支援くださった方、ツイッターで励ましてくれた方、実際に買ってくれた方、本当にありがとうございました!

今の実力の程も分かり、サークル側の視点から色々得られるものがあったと思います。

大体の下準備や確認事項等も理解したので次はもっと上のクオリティを目指して頑張ります。

次はNemesisの世界観を掘り下げていったり二次創作本も出していきたいですね~。えっちな本も出したい(震え声)

 

今回はここまで!

以上、北ティアの実レポ記事でした!!