ジッターメモ

ブログ拡張、フキダシ機能のメリットとブログ娘

どうもこんにちは、ジッターです。

ついに当ブログにもフキダシを追加いたしました。

会話形式を追加した理由

機能を知らない人向けにざっくり説明するとブログに漫画のようなフキダシ文章が作れる機能のことです。

こんな感じで文章の周りにLINEのようなフキダシ枠が作れます。

追加した理由は以下の通り、理由の8割がウチの子です。

  • 難しい内容でも要約(まとめ)しやすい
  • 別の視点からの解釈や質問を投げやすい
  • ウチの子を喋らせたかった

実はこの会話形式って記事内容を分かりやすく伝えるのにとっても便利なんですよね。

しかもイラストレーターさんは自分で描いたキャラクターをブログの中で動かせるわけです。

絵が描けなくてもアイコン画像があればすぐに使える簡単な導入方法も紹介しているので是非お試しを!

フキダシ機能の一番簡単な導入方法

方法といっても私も他のブログで紹介されているCSSコードを拝借させていただいたもの。

www.notitle-weblog.com

CSSコードはこちらのブロガーさんの記事からお借りさせていただきました。

chrome.google.com

Chromeはてなブログ拡張機能があればさらに簡単にフキダシを追加することができます。

無料で他にもいろいろな使い方ができるのでとりあえずこの機能を導入しておくだけでも良いでしょう。

手順としては

  1. はてな拡張の追加
  2. 紹介サイト様のCSSコードをダッシュボードのデザインCSSにコピペ
  3. CSSコードの画像URLとクラス名を書き換える
  4. 拡張機能で「l-fuki クラス名」か「r-fuki クラス名」を記入
  5. フキダシ追加完了

という感じです。

はてブロ使える人向けのざっくり解説なので詳しい導入方法は紹介サイトで見たほうが良いと思います。

1.難しい内容をまとめやすい

フキダシを使えば例え小難しい専門用語で説明されたとしても

つまり××は○○っていうことなんだね!

という要約や一番伝えたかった文章を入れるだけで詳しくは分からなくてもとりあえず「そうか××は○○ということなんだ」と読者に理解してもらえる確率をグッと上げられます。

しかもフキダシは普通の文章や太字よりも目立つので目を引きやすいのも利点。

専門的な内容になればなるほど記事の内容は当然わかりにくくなります。

でもどうせならたくさんの人に知ってもらいたいし理解してもらいたい。

そこでこのフキダシ機能を使って見出し毎にプチまとめをする、というわけです。

記事はとにかく文章量だのアクセス数だの競うのがブロガーという生き物(偏見)ですが、実際にその記事を見にくるのは大半が普通にネットを使っている人達です。

自分の日記だったりちょっと小難しい記事くらいならまだしも、蛇足だらけの長ったらしい文章は教科書よりも退屈です。

私も文字数稼ぎみたいな記事をいっぱい書いてきたのでがんばってリライトします…

2.別の視点からの解釈や質問を投げやすい

フキダシを使えば分かりにくい単語への解説にも役立ちます。

例えば

絵描きさんがよく使う「アタリ」ってなんですか?

という簡単な問いに対して

アタリは絵を描く前に引くガイドラインみたいなものだよ。

と授業っぽく解説することで質問に対する答えを簡単に伝えることもできるわけです。

また

得意なアングルでも実際にアタリを引いてみると顔のパーツ位置がちぐはぐなことも多いみたいですね。

といった感じで別の視点からの意見や逆説を説明するのにも活用できますね。

3.ウチの子を喋らせたかっただけです

ウチの子を喋らせて、楽しそうにしているブロガー共が許せなかったっ…!

ワイもウチの子ブログ味わいたい!ウチの子をブログで動かしたい…!

ただそれだけ…それだけの理由で導入を決めました。

できればもっと前に入れる予定だったのですがいかんせんウチの子を描く機会がなかなか押さえられず、今日に至る(おのれポルナレフ

というわけでウチの子ちゃん登場です。

f:id:jitterkun:20190123011553p:plain

どうもこんにちは!ブロ子といいます。

今後の記事ではこの子といつもサムネイルに描いている白髪の子(銀花ちゃん)の二人でブログを運営してもらおうと思います。

二人のAI作ってブログ運営してもらおうかな~。

できるんですか!?

簡単にAI作れるならやりたい

立ち絵はPixivで公開中です。

www.pixiv.net

おまとめ

要約から他の解釈や意見など、文章だけの単調な記事を盛り上げてくれるので今後の記事更新でもちょこちょこ取り入れていこうと思います。

もう一度言いますが絵を描いていてブログをやっている方なら是非取り入れるべきです。

ストーリー形式の文章は活用すれば小説や漫画ネームの練習にもなりますよ!

 

今回はココまで